【ドラマ化】のん兵衛必見!『ワカコ酒』感想・あらすじ 新久千映 

スポンサーリンク

こんにちは、jikuasiです。
本日ご紹介する一冊はこちら!

 

村崎ワカコ26歳。酒飲みの舌を持って生まれたがゆえに今宵も居場所を求めてさすらう女ひとり酒。あなたの隣にいるかもしれない、おひとり様仕様の呑兵衛ショート♪

ただOLが会社帰りにひとりで一杯ひっかけるだけのマンガ
です。
なんですが、
みょう~にハマってしまうんです。ただ、飲むだけなんです。ひとりで行くから、会話もないんです。

心のなかでのひとりごとだけなんです。一話4ページほどで終わるんです。
それが繰り返されるだけなんです。

なんですが…。はー。読んでしまう。

お酒と同じで中毒性があります。

まず、料理の絵が上手なんです。めっちゃ美味そうに描くんすよ新久先生。でまたワカコが選ぶ料理(アテ)のセンス!

「今日はさっぱりな気分だし、きんぴらごぼうで日本酒を飲もうか」

って、なりますか!?笑  家ならまだしも外で。

こう書いていると、ワカコが一人ぼっちの寂しいコミュ症かと思われがちですが、そんなことはありません。会社でもふつ~にみんなと話してるし、人の家でたこぱだってするし、なんと彼氏もいます。

でも、ワカコにとっては、彼氏<サケ なんですね。く~!彼氏がんばれ!
なので、本当にただただ、お酒が好きな女子なのだ、ということをポジティブに描いてます。

複雑なストーリーとかもないので、読んでる方もただただ心地がいい。

あ~、酒飲みたくなってきた。まだ朝なのに…

こちら、人気作でして、料理本や関連グッズ、実写ドラマ化と幅広く展開しています。

まずはマンガから入ることをおすすめします。ワカコワールドにはまりますよ!

よーい、どくしょっ!

51ijcXNCi2L.jpg

 

ABOUTこの記事をかいた人

jikuasi

奈良に生息する手長族。哲学者。 月間30万POアルク収益20万円超の社畜営業ブロガー。年間100冊の読書量を持ちたい。ブロガー界一の卓球の腕前。趣味は楽器演奏と耳かき。特技は目を二重にすること。