新ドラマ『カルテット』あらすじ・主題歌【面白過ぎ】

スポンサーリンク

こんにちは、jikuasi(@jikuasi)です。
今日は本じゃなくってドラマの紹介。


そう、2017年1月スタートの火曜10時枠のドラマ『カルテット』

同枠では前回、星野源・新垣結衣の『逃げるは恥だが役に立つ』が大ヒットを記録し、

主題歌の「恋ダンス」が日本中で流行しました。
そして注目の後枠。

 

おもろい。

普段わたしは全くドラマを見ないのですが、
たまたま居間でついてたのですが、気付いたらめちゃくちゃのめり込んで観てしまいました。

ちなみにカルテットとは、4人で楽器を奏でること。

独奏 ソロ
二重奏 デュオ、デュエット
三重奏 トリオ
四重奏 カルテット   ←これ
五重奏 クインテット

 

・あらすじ
・出演者
・見どころ
・主題歌、挿入歌

 

・あらすじ

音楽を愛しながらも夢が叶わなかった4人の30代の男女がいた。
女ふたり、男ふたりの4人は輝かしい経歴を持たずに人生を過ごしている。
そんな4人がある日、偶然に出会った。

演奏への情熱を持っていた4人はカルテットを組む。
別府司は祖父が軽井沢に所有する別荘を4人のために提供する。
ヴァイオリンの巻真紀は家庭があるため週末だけ軽井沢の別荘にやってくる。
チェロの世吹すずめは別荘に住み着く。

ヴィオラの家森諭高はこだわりが多い変わった男で、奇妙な4人の共同生活が始まる。
すずめにはカルテットに加わった目的があり司には秘密があり、そこには愛も渦巻く。
30代の男女4人の共同生活のテーマは音楽だけではなかった。
(あらすじ大全さんより引用)

 

・出演者

巻真紀(まきまき) 松たか子
第1ヴァイオリン
主婦

プロのヴァイオリニストになる勉強をしてたが、挫折。
とても内気な性格で、常に自信なさげ、蚊の泣くような小さな声。
基本的にネガティブ思考。
しかし、たまに周囲がびっくりするような、大胆な行動に出ることがある。
合理的な決断をするタイプ。

ときたま小学生4年生レベルのおふざけをすることがあり、普段の大人しい姿とのギャップがたまらない。
人妻独特の艶やかさがある、と感じるかどうかは人それぞれ。
一話では、実は夫は1年前に失踪していることを告白する。

 

世吹(せぶき)すずめ 満島ひかり
チェロ
無職

路上で演奏を行っている際、おばあさんに声をかけられ、「巻真紀と友達になってほしい」と告げられ、カルテットドーナツホールに参加。
チェロが唯一の生きがいであり、唯一の友達。
かなりの自由人。ルールというものをまず守らない。

冷蔵庫の他人のゼリーを食べる、他人が大事にしている未開封の高級ティッシュを使う、など、その傍若無人さには枚挙にいとまがない。絶対に他人と共同生活なんてしてはいけない人種。
しかし、そのいたずらっこのような無邪気な様子は、おとなの男性からしたら子猫のようで、たまらない。

どこでもすぐ寝る。

 

家森諭高(いえもりゆたか)高橋一生
ヴィオラ
美容室アシスタント

変態。
合理主義者というべきか、屁理屈論者というべきか、とにかく面倒くさい。
なにかがあるとすぐに持論を、感情を決して表に出さず、淡々とまくしたてるので、受けて側は軽いノイローゼに陥る。
巻真紀とは多少考えが通じる部分はあるが、世吹すずめとはまるっきり正反対。しばしば喧嘩をしている。

その恵まれた容姿から、女性からはとてもモテる。
演奏前のルーティンと思われる、シャツの胸元を無造作に開いて鎖骨を露出させるシーンなどは、女性は悶絶するであろう。

しかし先述した理屈っぽい性格が故に、女性と交際しても3時間から3日ほどで必ずフラれる。

そしてノーパンである。変態である。

 

別府司(べっぷつかさ)松田龍平
第二ヴァイオリン
会社員。

4人の中で唯一まともな人間。
今までに怒ったことがないという温厚な性格。
人の気持ちを考えずに、思いっきりわがままを言ったり、怒ったり、他人の目を気にしないで自由なふるまいがしたいと思っている。が、理性がそれに待ったをかけてどうしても吹っ切れない。

とても繊細そうに思いきや、柱に平気で画鋲を刺す、食卓の唐揚げに断りもなくレモンをぶちまけるなど、図太い面を持ち合わせている。
祖父が世界的指揮者で、軽井沢に別荘を持っている。

ドーナツ会社に勤めているが、甘いものが苦手。

 

その他の出演者

半田温志  Mummy-D
墨田新太郎 藤原季節
巻鏡子   もたいまさこ
ベンジャミン瀧田 イッセー尾形(第1話ゲスト)
九條結衣 菊池亜希子、別府司の同僚(第1話ゲスト)

 

・見どころ

・4人の掛け合い小競り合い
・4人の嘘の展開
・4人の男女の恋愛
・4人の演奏技術の向上

・4人の掛け合い小競り合い

まず普段の日常の4人の共同生活が面白い。
先ほど書いたように、かなり偏屈な性格の持ち主同士が集まっているので、それだけで面白いです。
それぞれの正義をぶつけ合って、唐揚げにレモンをかけるか否かの論争を繰り広げます。

・4人の嘘の展開
ドラマ全体のテーマとして、「嘘」が掲げられています。
1話が終わった段階では、

巻真紀  → パートナーがいるという嘘(実際は失踪?死亡?)
世吹すずめ→ 仕事をしているという嘘(実際は無職)
家森諭高 → 美容師だという嘘(実際はアシスタント)
別府司  → ドーナツ会社に勤務(甘いものが苦手)

という程度ですが、もっと重大なものが出てくる予感。
これからどんな嘘が出てくるのか、楽しみです。

・4人の男女の恋愛
コレは直接的な表現はまだそこまでありませんが、おそらくあると。

巻真紀(松たか子)
↓好き
家森諭高(高橋一生)
↓好き
世吹すずめ(満島ひかり)
↓好き
別府司(松田龍平)
↓好き
巻真紀(松たか子)

ただ、30歳を迎えた大人の恋愛。

テラスハ○スみたいなイケイケなウェーイ感は皆無。
テイラースウィフトも流れません。

しかーし、なんか皆さん、いわゆる月9とかの美男美女が入り乱れるような雰囲気じゃないんですよね。
ああいうのってわたし個人的には

「いやいやこんなイケメンばっかりの光景は非現実的過ぎるやろ…」
って思ってしまうんですが、このドラマはあくまで日常にいてそうな雰囲気をかもし出しています。
たぶん、メイクの具合とかが大きいいんだと思います。
実際エンディングの映像では4人ともびっくりするぐらい色っぽいですからね!

・4人の演奏技術の向上
え~と、これに関しては、はい。。
ちょっと、演奏シーンが、下手くそでしたね…笑。
もちろん音は別撮りでプロの方のものを流してるんでしょうけど、

「上手に演奏している風に魅せる」技術がちょっと。。
わたしは楽器経験者でもなんでもありませんが、
そんな素人目に見ても「あらら…」という感じでした。

まあそこは役者さんたちも素人なので無理もない。
今後に期待したいポイントです!

 

・主題歌

主題歌『おとなの掟』は椎名林檎姉さんが作詞・作曲。
そして唄うアーティストは「Doughnuts Hole」
つまりなんと4人の出演者!

いや~、林檎色が満開ですな~。

そして皆さん色っぽい!
ドラマ中と全く別人やないか!
松田龍平なんかもう…かっこ良すぎ…

歌声については、松たか子さんは皆さんご存知の通り”レリゴー”で周知済み。

満島ひかりさんは実は「Folder5」というボーカルグループに所属していました。
代表曲はアニメONE PIECEの第2期のOP曲『Belebe』
世代の方は知ってるはず!

男性陣も女性陣に勝るとも劣らずの、セクシーな美声を聴かせてくれています。
そしてわたしが気になったのが挿入歌。

fox capture planという3人組インストバンドが手掛けています。

 

放送中に聞いた瞬間、わたしが好きなバンド『jizue』の曲だと勘違いして、
誤爆ツイートを連打してしまいました。笑

 

しかしこのfox capture plan、めちゃくちゃかっこいいですね!
3ピースとは思えないほどの音の厚み!

これから劇中でいろんな曲が聞けるのが楽しみです。

 

さて、普段ドラマをいっさい見ないわたしが珍しく食いついたドラマ『カルテット』
こんなに真剣に見たのは「アットホームダッド」以来かも笑

今後の展開が楽しみです!

image.jpeg

ABOUTこの記事をかいた人

jikuasi

奈良に生息する手長族。哲学者。 月間30万POアルク収益20万円超の社畜営業ブロガー。年間100冊の読書量を持ちたい。ブロガー界一の卓球の腕前。趣味は楽器演奏と耳かき。特技は目を二重にすること。