マイナス20分!誰でも今すぐ出来る!執筆作業が早くなる超簡単な方法とは

スポンサーリンク

こんにちは、jikuasiです。
先日読んでいたイケダハヤトさんの本に「ブログを書くときは時間を測ってライティングスピードを高めよう」という記述がありました。
ここからヒントを得て、ある方法でブログ記事を書くと、なんとこれまでよりも20分もスピードアップ出来てしまいました。今回はその方法をお伝えします。

 

clock-64265_960_720.jpg

 

方法とはずばり、ストップウォッチを使うことです。

用意していただくのは、陸上部とかが使うようなガチのやつじゃなくて構いません。
むしろスマホで充分です。

 

はいみなさん、ロック解除して→ホーム画面→便利ツール→時計→ストップウォッチ→はいおk。

 

・使い方

執筆中の時間を測る。以上。

 

それだけです。
たったそれだけで、記事の出来上がるスピードが早くなるという魔法のようなことを実際にわたしが体験しました。
なぜそのような結果になったのか、検証してみます。

 

・時間を意識する

言わずもがなです。時間は有限です。
それも平日の帰宅後に執筆となれば出来れば少しでも早く書き上げたいところ。
イケダハヤトさんは大体1つの記事を15分くらいで書けるそうです。
早っ!

そこまでは無理でも、少しでも早く書く術を身につけるためには、”早く書こうと意識する”ことが第一です。

 

・焦る

「時間を意識するってんなら、時計を置いてりゃいいじゃん」
と思ったあなた。

だめです。
「時計」って、あくまで今現在の時刻を教えてくれるだけのものですよ。
何かの作業がいつ始まったか、までは時計は教えてくれません。
「ある時点から作業が始まって、そこからこれだけの時間が経過している」という点が一目で分かるのがストップウォッチです。
さらにストップウォッチの場合は、コンマ1秒単位でカウントが刻まれていくので、とにかく焦ります。

わたしは考えるときに顔を触るクセがあります。

そうすると、唇に触ったときに、乾燥で荒れているのが気になって、そういえばリップがそろそろなくなりそうだったな…、明日は薬局に寄るからそのときに買おうか…ぶつぶつ…

みたいに、頭の中にノイズが出てきて集中が途切れるんです!
でもそんなときにふと、目まぐるしくカウントが上がっていくストップウォッチを見て、

のんびりしちゃぁおられん!唇触ってる場合かっ!!

となり、強制的に作業に意識を戻してくれるのです。
これは、時計を置いているだけではなかなかこうはいきません。
Evernote Camera Roll 20161228 002508.png

 

時計は「点」で、ストップウォッチは「線」で、時間を教えてくれるものと考えましょう。

 

・ゲーム感覚で技術を向上

このストップウォッチを使った執筆を毎日続けてくと、おそらく前日のタイムくらいは覚えているでしょう。

そうすると、「よし、今日は昨日よりも10分縮まったぞ!明日はさらに5分!」という具合にゲーム感覚で、楽しめます。
それに、やはり数字というのは具体的なイメージを脳に植え付けます。
PVとか気にしますよね?

それと同じように執筆にかかった時間も気にしましょう。意識することで初めてレベルが上がります。

 

・デメリット

このスマホのストップウォッチ機能を使って執筆をする方法の唯一のデメリットが、通知が来て邪魔をされる恐れがある、という点です。

解決策:機内モードにしちゃいましょう。
設定→機内モード→オン。以上。

バッテリーも節約出来ますよ♪
わたしはこれを実際にやってみて、これまで1時間程度かかっていた執筆が、40分で終わるようになりました。なんと20分のタイム短縮ですよ。

平日の仕事が終わって帰るのが21時や22時のわたしにとって、執筆が20分早まることが、どれだけすごいことか。

ちょっとまとめてみました↓

 

・お肌のゴールデンタイムの恩恵を受けられる

22時から翌日2時までの4時間は「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれています。この時間になるべく質の高い睡眠をたくさん取って、お肌のハリ、つやを取り戻し、シミ、ソバカス、といったトラブルとは無縁の美肌を手に入れましょう。

さらには豪華な女優陣を起用した派手なCMに出てくるような化粧品によってお肌を傷つけることもなくなるのです。

 

・ヨガで自分と向き合える

就寝前のヨガは、リラックス効果が期待できます。宇宙の呼吸を感じ、自己の内面と向き合いながら、溜まった老廃物をしっかり吐き出し、身も心もデトックス♪また明日からすっきりとしたワタシ。生まれ変わったワタシ。これこそホントのワタシ、デビュー!です。

 

・筋トレが出来る

毎日の20分。その積み重ねこそが誰もが羨むPerfect Bodyを生むのです。
オススメは腹筋ローラー。結構きついですが、全身鍛えられるし、負荷のかけ方も自由に変えられるので、初心者の方から上級者まで、幅広く人気の筋トレグッズです。
ただし、筋肥大には超回復が欠かせないので、毎日やるのなら鍛える部位を変えて、うまく休ませながらね♪

 

・晩酌が出来る

コンビニエンスストアで350mlの缶ビール買って♪
好きなおつまみの1位はチーたら、2位はカルパス、3位はきゅうりにごま油と塩こんぶをかけてあえたやつです。(キャベツでも可)

 

 

いかがでしょうか。
たった20分生むだけで人生がバラ色に変わると思いませんか。
というわけでこれからはスマホでストップウォッチを起動させて執筆することを続けたいと思います。

 

ちなみに今回の情報が載っていた本はコチラ。

ABOUTこの記事をかいた人

jikuasi

奈良に生息する手長族。哲学者。 月間30万POアルク収益20万円超の社畜営業ブロガー。年間100冊の読書量を持ちたい。ブロガー界一の卓球の腕前。趣味は楽器演奏と耳かき。特技は目を二重にすること。