青春リア充ダイビング漫画『ぐらんぶる』感想

こんにちは、jikuasiです。
本日ご紹介する一冊はこちら!

”海沿いの街で一人暮らしを始めた北原伊織は衝撃の大学デビューを果たす。出会ったのは美女とダイビング、そして愛すべき野郎ども! バカを描かせたら天下一品の井上堅二と、裸の若者を描く達人・吉岡公威が繰り出す、酒とノリがあふれる最高のキャンパスライフ!!”

またしてもアフタヌーン…笑
表紙の感じから、お色気露出高めのお姉さんがいっぱい出てくるムフフ漫画…

を期待した方、すみません。

 

全裸のガチムチ男が青春と向き合う漫画ですwww

 

えーと、まず前半はページの半分以上が全裸ですw
後半は4割くらいが全裸です。

毎日毎日飲み会。大学生活初日に校門前まで酒盛り。

講義時間が睡眠時間。
すぐ脱ぐ、すぐ吐く。

エロ大好き。

大学生の「うぇーい」のノリを10倍ぐらいにした雰囲気。界王様も開いた口がふさがりません。

最初は主人公も、こんな身も心も淫らな生活を送るダイビング部の先輩達におもむろに嫌悪感を剥き出しにしていましたが、
読者も気付かぬうちに、驚くほど自然に溶け込んでいきました。

バカ、バカ、そしてバカ。
もうバカばっかり。

終盤、急にダイビングの活動を真面目にしだして、若干読者は置いていかれます。

おいおい、なんだよ。序盤はギャグで、ちゃんとしたダイビングの作品だったのか。ははー。

 

でも水中ですぐ脱ぎますwwwwwwww
なんやねん、もう!!(すこ)



61-RuumE0iL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg

Twitterで更新情報、くだらない日常をつぶやき中!

フォローしても1円の特にもなりませんが、わたしが泣いて喜びます。↓

ABOUTこの記事をかいた人

jikuasi

じくあし。奈良に生息する手長族。哲学者。 月間30万POアルク収益20万円超の社畜を脱出し、エンジニアの道を進む。ブロガー界一の卓球の腕前。哲学に勤しんだ故の絶妙に無責任かつ奔放な文章力に定評あり。オンラインウクレレ講師業も好評中。

更新情報、おもしろネタ等ツイート中!