コスパ高し!衣食住が捗るオススメのアウトドアギアまとめ(随時更新)

スポンサーリンク

こんにちは。読書ブロガーのjikuasi(@jikuasi)です。

インドアなのにアウトドア好き。そんなアウトドア歴6年のわたしが、長年使っているオススメアイテム達をご紹介します!

オシャレでコスパの高いものを集めてるので、淡々と紹介していきます。

 

衣・食・住の「衣」編

keenのサンダル

はい、サンダル革命。

わたしは結構足だけ汗をかきやすいんですけど、通気性がいいので、汗とはおさらば。
そしてつま先が守られている安心感

ドローコードがついてるので、ぎゅっときつく締めれば普通に走れます。

靴底のソールも厚めでしっかりしてるので、多少のオフロードでも問題なし。

さらには水にも強いので、川遊びなんかにも最適です。

これ履いてラフティングにも行きました。

 

そしてオシャレ。

カラーバリエーションも選びきれないくらい豊富です。

 

mont-bell ソックオンサンダル

またサンダルです。

KEENももちろん楽なんですが、こちらはさらに楽です。
まず重さが全くない。めちゃくちゃストレスフリーです。

大体キャンプに行くときは、行動時はKEENで、サイトでのんびりするときはmont-bellと使い分けています。


もう裸足より楽なレベル。

あとちょっとした買物でもmont-bellでいっちゃいますねー。
靴下履いてりゃそこまでラフさがちょっと中和されるのでいい感じ。

で、2,000円くらいですよ。ヤバくね?

 

そしてオシャレ。

 

 

Columbia アウトドアブーツ

ブーツはこれ。
Columbiaはウェアとかはちょっと、「あれ…うん、なんか微妙…」
ていうのがありがちですけど、ブーツは全然問題なし!

(まとめ買いしたときの写真…)

ソールもクッションもしっかりしてるので、履いてて疲れることは全然ありません。

足首までカバーする形状なので、デカ過ぎず小さすぎずちょうどいい。

そして、完 全 防 水 !

土砂降りだろうが、水溜りに入ろうが、水が浸入してきたことはありません。

安心です。これで10,000円ちょっとなのはオトクやわ~

カラーバリエーションも豊富なのもいいね。

KAVU ストラップバケットハット

お次は帽子です。

やはり外の紫外線をカットカットォ!するための帽子必須。

日焼け防止の帽子。

帽子って、なかなか目当ての形が見つからないんですが、これはイメージにぴったり!

つばがデカ過ぎず小さ過ぎず、絶妙。

ストラップ付きなので、取ったり被ったりがしやすくてとても便利

カラーはクレイジーパターンのツギハギみたいになっててオシャレ!
ただ、このパターンがランダムで、店舗ごとに違うので探すのに苦労した…

 

衣・食・住の「住」編

GENTOS ヘッドライト

GENTOS LEDランタン

テントサイト内で使うランタン。フックが付いてるので、吊り下げて使うことも出来て便利。

軽くて小さい割にパワーは抜群。280ルーメンもあります。ありがたや。アーメン。

280ルーメンがどれくらい明るいかという、まぁ、そのめっちゃ明るい!

写真ではちょっと分かりにくいですが、だいぶ明るいです。
4,5人のグループキャンプでもこれひとつあれば夜は越せます。

で、トイレとか行くとき用に必ずヘッドライトも必要です!

スマホのライトで済ましてる人、危ないですよー!
いざ暗闇で転んじゃったときに、手が塞がってると受身とれないし、スマホがバキっといっちゃうしね。

 

頭につけるんですが、ライトの部分の角度をかなり細かく調整出来るので便利!

そしてストラップもゴムになってて、窮屈さもなし!

そして持久力も申し分なし。ボタン電池2つで、10日分くらいの夜は乗り切れるんじゃないかと。

 

キャプテンスタッグ ヘキサータープ

財布の味方、キャプテンスタッグのタープです。

タープは最初使ってなかったんですが、やはりあるとないとでは大違い!

夏場は言わずもがな日差しをしっかり遮ってくれる。

曇り空でちょっとお天気が不安なときも、タープ張っとけばかなり安心です。

軽いし、設営も簡単。価格もお手頃なのでタープ持ってない人にはまずこれから入るのをオススメします。

ノースイーグル ワンポールテント

テントはもっぱらこれです。
一番大きいサイズを使ってるので、最大8人まで寝られます。

ボールが高いので、室内空間はかなり広々。身長180あるわたしでも普通に立って歩けます

高さがある分風に弱いかと思いきや全然そんなこともない。


そして何より設営が楽ちん!

ボール繋げて真ん中にぶっ刺したら、はい終了。

↑この中で男2人がゴソゴソと太くて長い棒を握ってますwww

解体するときはいつもこんな感じw

衣・食・住の「食」編

ユニフレーム ファイアグリル

出ました!キャンパー御用達のユニフレームの焚き火台。

スタイリッシュなデザイン。

コンパクトで持ち運びやすい。

炭焼きも焚き火も両方出来る守備範囲の広さ。

どれを取っても素晴らしいアイテムです。

一応アルミホイルをしいとくと炭の汚れがつきにくくて楽です。

 

焚き火もこの通り。

 

iwatani コンパクトバーナー

手のひらサイズのシングルバーナー。

これでいつもお湯沸かしたり、ご飯炊いたりしています。

こいつのいいところは、なんといってもめちゃコンパクトになること。

で、ゴトクを拡げるとこんな感じ。安定感も抜群です。


シャキーン!!(←開く度に言ってる)

こんだけ小さいのに火力は申し分なし。
すごい勢いでお湯沸きます。

で、もうひとついいとこが、家庭用のガスボンベが使えること!これはありがたいよ~

これ乗せてるのが↓のメスティンね。ご飯炊いてます。

トランギア メスティン

出ましたこちらも定番のおシャレ飯盒、メスティン。

これひとつで1~1,5合分のご飯がさっと炊けちゃいます。

おこげもばっちり!

美味そう…

火加減も簡単、炊き込みご飯とかも美味しく出来ます。

よくさんまの蒲焼の缶詰とか掘り込んで炊きます。

あとこのメスティン、アウトドア意外でも普段のお弁当箱としても使えちゃうんですよー!

ご飯とおかずいれてちょうどいいサイズなんです。
写真は豚肉のモツ鍋風炒めお弁当。

うまそう…

このメスティンも大活躍するこちらの漫画も面白いっすよー!

『山と食欲と私』感想・レビュー 信濃川日出男

2017.04.29

カリタ 手挽きコーヒーミル

外遊びと言えば、やはりコーヒーは欠かせないでしょっ!
で、やっぱり豆から挽きたい!

アウトドアシーンではポーラーのミルが定番ですが、あれはどうも味気なくて好きになれない。

普段は家で使えて、なおかつ外遊びのときに気軽に持って行けるものを、という理由でこれを選びました。

豆の粗さ調節も簡単、蓋が閉められるので飛散もなし、手入れも簡単。

そして、シャレオツ☆ 全く非の打ち所がありません。

コーヒーに関してはコチラの記事もどうぞ。

おうちでカフェのような本格珈琲を淹れる方法

2016.11.23

スペシャルティコーヒーカフェROCOCOへ行ってみた【ROKUMEIコーヒー】

2017.01.04

まとめ

という感じでだだーっと紹介しました!

参考になりましたでしょうか。

また購入新しく仲間に入った子達が増えたら追加していきますねー!

いい道具を賢く手に入れて、快適で楽しいアウトドアライフを過ごしましょー。

更新情報、おもしろネタ等ツイート中!フォローしてくれたらゲロうれしい↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

jikuasi

奈良に生息する手長族。哲学者。 月間30万POアルク収益20万円超の社畜営業ブロガー。年間100冊の読書量を持ちたい。ブロガー界一の卓球の腕前。趣味は楽器演奏と耳かき。特技は目を二重にすること。