憧れの弾き語りが誰でも簡単に出来る!最強楽器ウクレレの4つの魅力

スポンサーリンク

こんにちは。読書ブロガーのjikuasi(@jikuasi)です。

 

あなたは、音楽が好きですか?

この社会に生きていて、音楽に触れないなんてことはまずあり得ません。

「特段、音楽がそれほど好きじゃない」人であっても、好きな曲のひとつやふたつくらいは必ずあるはず。

そんな自分の好きな曲を、唄いながら自分で演奏出来たら、めちゃくちゃ楽しそうだと思いませんか?

 

誰しも一度は「自分で音楽を演奏すること」に憧れをもったことはあるでしょう。

「あんな風にピアノを弾けたらなぁ。」

「あんなかっこよくギターの弾き語りが出来たらなぁ。」

わたしもそうでした。

でも、無理でした。

 

親戚の家からエレキギターを譲り受け、3ヶ月ほどは頑張ったのですが、難しくてなかなか上達しない。
上達しないので、楽しくない。そして練習しなくなる。

結局、1曲も弾けずに終わる…

 

で す が、し か し !

今年の正月にウクレレに出会い、練習を始めて、その後継続すること約7ヶ月!
レパートリーは20曲以上!

そして先日はとあるイベントで30人を前にして3曲も弾き語りを披露するまでに!

これまでにやったことのある楽器はカスタネットとリコーダーのみ!そんな音楽素人のわたしでも、人前で弾き語りが出来るようにまでなりました。

それが叶った理由は何よりも、ウクレレという楽器を手にしたから。

そんな、絶大なパワーを持つ最強の楽器、ウクレレにぜひ、あなたもチャレンジしましょう!

ド素人のあたなでも出来る!躊躇する理由はここで潰せ!

不器用だから無理

あなた
自分、不器用ですから…。楽器とか…そんな…無理っす。
jikuasi
大丈夫!5歳児でも、おじいちゃんでも出来るから!

自分は器用じゃないから楽器が出来ないと思い込んでる方が結構いると思います。

これはね、 練習すれば出来るようになります。

うん。

たしかに、ギターは結構、指の使い方が難しいです。でも、ウクレレはマジで簡単なんです!

これは、やってもらえればわかります。「え?こんなことでいいの?」って。

 

「F」のコードも楽勝

たとえば、ギターを始めた初心者が必ずぶつかるやっかいな敵、「F]のコード。

ギターでの押さえ方は、こうです。

これ、初心者にとってはむちゃくちゃ難しいです。わたしもこれが出来ずにやめました。

いやね、押さえられないわけじゃないんですが、曲の流れのなかで、とっさにこれが出来るかって言われたら、絶対無理です。

一方、ウクレレの場合のFはというと、

たったこれだけなんです。

これ、Fで挫折した経験のある人にとっては、感動モノですよ。

 

 

そして、お気づきでしょうか…。

ギターは弦が6本にあるのに対して、ウクレレはなんとたった4本!
この違いはめちゃくちゃ大きいです。それだけ指を使う数も減るし、覚えるのも楽になりますから。

だから、ウクレレってめちゃくちゃ簡単なんですよねー。ぜひやってみて欲しい。

逆に、やってみなければ一生分からないんですよね~。自分でも簡単に出来るっていうことが。

 

リズム感がない

あなた
俺、リズム感ないし、やっぱ無理やわ~…。
jikuasi
大丈夫!楽しくやっていれば自然とリズム感が身に付くよ!

はい、これも継続してやっていれば自然とリズム感が出てきます。ちょっとしたコツはありますが、それも簡単に身に付きます。

最初はこんな感じ。「ジャン♪ジャン♪ジャン♪ジャン♪」という4つ弾きしか出来なかったのですが、

上達したらこういう8ビートのリズムも出来るように

だいぶ手馴れた感じのリズムでしょ。
こんなの、すぐ出来るようになりますよ!

ウクレレはここがすごい!最強楽器と言われる4つの理由

マジで、簡単

何度も言うようですが、ホントに簡単なんです。
ギターやウクレレは、左手で弦を押さえて音階を変え、右手で弦を弾いて音を出す、という楽器です。

ギターの場合はこの、左手の押さえ方で挫折する人が9割なんですが、ウクレレは指1本押さえるだけでも曲が弾けるので、超簡単。
簡単なので、唄いながら弾ける。

 

そう、夢の弾き語り☆です。

 

どんな曲でも、自分で演奏して自分で唄うというのは気持ちがいいものです。

ちなみに、音階の広がりがあって、なおかつ口も動かせる楽器って、実は結構限られるんです。

ギター、ベース等の弦楽器か、ピアノ系の鍵盤楽器くらい。

ギターは前述の通りですし、ピアノでの弾き語りも、結構難しいですよ。出来るまでに数十~数百時間を要します。

ウクレレであれば、1曲弾けるようになるまで30分もかかりませんからね。

激アツ。

 

しかも、どこでも持ち運べる

ウクレレの魅力の二つ目はこれ!どこにでも、気軽にふらっと持って行けるんです。

たまに、軽音楽部らしき若い子が電車でギターをケースに入れて運んでるところを見ますが、

正直、結構威圧感あるし、邪魔ですよね。。

ウクレレは、持ち運ぶにしても、こんな感じ。

めっちゃコンパクトでしょ。すっきり!

  • ちょっとお友達のおうちに呼ばれたときに
  • 川原でBBQをするときに
  • キャンプでゆったり過ごす時間のお供に

色んなシーンで活用することが出来るんです。

これ、ギターはもちろん、ピアノなんか絶対持ち運べないですよね。

出来てもアコーディオンくらいか…。

 

そこまでどやぁ感が出ないゆる~い雰囲気。

上司
お前、ギター弾けるんだろ?ちょっと結婚式の余興でやってくれよ!頼むな!
ギター初心者
えっ、弾けるって言っても、そんな…家でやる程度やし…

~結婚式当日~

ギター初心者
えー…ギ、ギター弾きます。あなた~とわた~しが…じゃんじゃん…♪
観客
え、なんか下手じゃね…?ざわざわ…ぷぷ…。

はい。何が伝えたかったかと言うと、アコースティックギターとかは大きいし、持ってるだけでカッコいいので、どうしても仰々しさが出るんですよね。

見る人のハードルが上がる。

 

だから、観客のハードルをくぐってしまい、どうしてもいたたまれない空気になる。

一方で、ウクレレなんて、パッと見ただけではおもちゃみたいなもんです。

「あぁ!ウクレレってあの高木ブーが持ってるやつでしょ?」

くらいにしかみんな思ってません。

それで、しっかりと流行のポップスなんかを弾き語りすれば、間違いなく盛り上がります。
ハードルを大幅に越えられる。

それで、多少下手くそでも、なんか楽しい雰囲気になってくれるもんなんですよ。

実際に、わたしが下手くそながらもとりあえずなんか楽しそうな雰囲気になった動画がコチラ。笑

さらに、安い!

ここまでで大いにメリットを感じてもらえたかと思いますが、これで楽器が高ければ、結局ただの憧れに終わります。

ギターも10万、ピアノもウン十万、カッコいい楽器代表のサックスとかは100万近くするものも。

一方、ウクレレ。

4,000円で買えます。笑

やっす。笑

もちろん、ピンキリですし、高いものはそれほど質が上がるのは言うまでもありません。

でも、初心者なら低価格のものでも、十分です。音の違いとか分からないし。
それに安い方が、屋外に持っていったりするときに安心ですし。笑

変に中国製の安物に手を出したりせず、そしてしっかりとチューニングさえすれば、低価格なものでも十分楽しく音楽を奏でられます。

 

Amazonで変えるオススメ初心者向けウクレレ

 

1.とにかくまずはお安くおさえたい方はコチラ!

 

 

これはわたしの嫁(予定)が使ってます。
3,900円というかなりのお手軽価格でしたが、全く問題ありません。普通に綺麗な音が出ます。

2.せっかく買うならもう少し良いものがいい!という方はこちら!

こちらは可愛いケースにストラップまで付いてます。
ちなみにマホガニーというのは使っている木の材質の名前です。若干響きが変わったりしますが、この辺はよっぽどたくさんの種類を聞き比べないと分からないので、あまり気にしない。

3.少し手の大きい方にはコンサートウクレレがおすすめ!

こちらは少し大きめのコンサートウクレレというやつです。手が大きい人とかは、この「コンサートウクレレ」を選ぶと、弦と弦の間隔が広いので、押さえやすいです。

比べるとこんな感じ。

ただし、この商品はチューナー(音合わせるやつ)が付属ではないようなので、必ずチューナーもセットで購入してくださいね!

まとめ

超楽器素人のわたしが、まさか人前で演奏して歌を唄うなんて、去年までは想像だにしていませんでした。
それが、いとも簡単に出来てしまったという。

そしてもちろん、人前で弾かなくなったって、ちょっとお家で休憩にぽろろん。
ちょっと公園でぽろろん。

めちゃくちゃ癒されますよ。なんといっても音色が綺麗なんですもん。

そして、癒されつつも、やっぱり好きな曲を唄いたくなり、練習する。そして、レパートリーに加わる。の繰り返し。

超カラオケ好きだったわたしが、ウクレレを始めてから一度もカラオケに行ってませんからね。
そういった面からもコスパ抜群です。笑

ぜひ、ウクレレを初めて、音楽家を目指しましょう!

更新情報、おもしろネタ等ツイート中!フォローお願いします!↓↓

LINE@始めました!
ブログで書ききれないオススメ本の紹介、円満な夫婦生活の秘訣、哲学的な社会批評などなど、あなたの人生に役立つことを配信中!お友達登録お願いします!マジで!
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

jikuasi

奈良に生息する手長族。哲学者。 月間30万POアルク収益20万円超の社畜営業ブロガー。年間100冊の読書量を持ちたい。ブロガー界一の卓球の腕前。趣味は楽器演奏と耳かき。特技は目を二重にすること。