【警告】実務未経験Web制作フリーランスが失敗する3つの理由

こんにちは!ぴろきんちょすです!

 

今回は

あなた
実務未経験からフリーランスになりたい!
あなた
未経験フリーランスって実際どうなの?
あなた
これからフリーランスを目指したい!

 

そんな疑問や悩みをお持ちのあなたのために、実務未経験からWeb制作フリーランスを始めることに対しての警告をさせていただきます。

 

実務未経験フリーランスだとどうなるのか

Web制作の業務・制作フローがわからない

作業の流れ

 

「未経験からフリーランスに!」と謳ったプログラミングスクールを卒業して晴れてフリーランスに!

こんな人ほど注意してほしいです。

 

スクールや独学ではWebサイトを「作る」スキルは学べますが、「業務を遂行する」スキルは学べません。

よって多くの業務未経験フリーランスがスケジュール・進捗管理などの「ディレクション」に苦しみます。

 

サイト構成表、仕様書、設計書などのドキュメントの作成をせずにコーディングを進め、作った後にクライアントに確認してもらい、修正を繰り返す…。

これだと埒が明かないですよね…。

 

ぴろきんちょす
業務遂行方法がわからないと必ずといっていいほど炎上案件になりますよ

 

ツールの使い方がわからない

ツールの使い方

 

これは独学で学んだときに陥りがちな現象です。

我流でWeb制作をしていたがために、ツールが使い慣れていません。

ひどいときにはツールの存在を知らないなんてこともあります。

クライアント宛のドキュメントの作成に必要なExcelやGoogleスプレッドシートもあまり使ったことがないなんてことも…。

 

ぴろきんちょす
ぼくが一緒に働いた方は、「独学実務未経験新卒」フリーランスでした。
その方はFTPクライアントの存在を知らずに作業しており、ギョッとしました…。

 

結局、迷惑をかけることに。

 

業務の仕方、ツールの使い方を知らなければクライアントや一緒に働くパートナーに迷惑をかけてしまいます。

本来は1ヶ月で終わる案件も3ヶ月、それ以上かかる可能性もあります。

耐久戦になり、自分にも負担がかかります。

 

ぴろきんちょす
ぼくが一緒に仕事してた人は案件が長続きして1年経っています…。
それを察して早めに手を引きました。

 

どうやって実務経験を積むのか

働き方はなんでもいいので、とりあえず制作会社へ

 

実務経験が必要だからといって、正社員になれとは言いません。

アルバイトや派遣社員でも、とりあえずコーダーやデザイナーとして制作会社に入りプロジェクトに参画しましょう。

そして、自分の仕事を進めつつ、ディレクター(プロジェクトリーダー)の業務を見て学んでいくことが大切です。

 

ぴろきんちょす

ぼくはよくクライアント先に連れて行ってもらってディレクターの仕事を学んでました
緊張しましたがその経験が現在に活かされています!

 

フリーランスになる基準は「これならいける」と思ったとき

 

実務経験が必要とはいえ、何年くらい必要なのでしょうか?

年数は約2年、早くても1年くらいがいいでしょう。

学ぶ姿勢にもよりますが、

 

1〜2年も実務を経験しているとWeb制作のほとんどの業務が見えてきます。

 

コーディング業務だけでなく、仕様書や設計書などのドキュメント作成も任されてきます。

またそれと同時に、副業として案件をとってフリーランスの体験をするのもおすすめです!

そして、「これなら個人でもできそうだ!」と思えてきます

その時が、フリーランスを始める時です。

 

ぴろきんちょす
ぼくは1年間で実績を積んで「これならいける!」と感じました。
大規模案件の経験がすごく自信につながりました。

 

それでも実務未経験でフリーランスをやりたいなら

フリーランスの先輩のもとで働かせてもらう

 

実務未経験であるということは、我流であるということです。

全て自分の感覚で仕事をするとほとんどの確率で失敗します。

制作会社に入らなくてもいいので、自分をいい方向に導いてくれる「フリーランスの先輩」に出会い、一緒に働かせてもらいましょう。

同じフリーランス同士なのでお互いに理解しあえるはず…!

 

ぴろきんちょす
フリーランスの先輩がいれば心強いですね!
Web制作だけでなく、経理などの相談もできるので安心にもつながります

 

まとめ

 

ここまでをまとめると

  • 実務経験がないと多方向に迷惑がかかる
  • アルバイトや派遣社員でもいいので実務経験を積む
  • フリーになるタイミングは「これならいける」と思った時
  • 実務未経験でもフリーランスになりたいなら「先輩」のもとで働こう

焦る気持ちも分かりますが、一旦立ち止まってください。

パートナー、クライアントだけでなく、自分自身のために準備をしていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です