確実に仕事が獲れる!Web制作フリーランスの案件獲得5つの手法

こんにちは、ぴろきんちょす(@pirokinchos)です。

今回は

あなた
どの仕事の取り方が自分にあっているのかわからない…
あなた
案件の取り方を知りたい!
あなた
案件獲得がうまくいかない…

 

そんなあなたにWeb制作の案件の取り方を、

  • 「案件獲得難易度」
  • 「期間」
  • 「単価」
  • 「自由度」
  • 「規模」

5つの観点からご紹介します!

 

Web制作フリーランスの案件獲得方法5選

その1.直営業

「直営業」とは言葉の通り、直接営業にいくこと

 

直営業には二種類あります。

ひとつは、会社や個人経営のお店などにアポをとって「サイト作りませんか?」という形。

もう一つはWeb制作会社に自分を売り込んでいくという形です。

 

テレアポや、勉強会や交流会で知り合った方々に営業をかけていきます。

 

ぴろきんちょす
ぼくは友人の知り合いに企業の役員がいたので、その人に営業した結果、お仕事を受けることができました!

 

直営業は大変だけど、成功すれば大きな成果に!

 

そんな直営業で仕事をとるのは5つの観点からこんな形になります。

 

直営業は営業力が必要で案件をとるのが難しいですが、文字通り企業と直接取引をするので、こまめなコミュニケーションをとることができます。

 

さらに企画から制作、運用にわたって幅広く案件に関わることができるので、自然と高単価になります。

それらが「実績」となり、次の案件を獲得する際に役立ってくれるわけですね。

うまくいけば好循環となり、安定した収益を得ることができます。

 

あなた
やっぱり営業は大変そうですね…。
ぴろきんちょす
技術者は営業したことない人が多いので、とても大変ですが、
案件を取れると大きな成果になるので挑戦してみましょう!

 

その2.知人のお店・会社

起業をした知人に営業をかける

 

これはいわゆる「人脈」で仕事を獲得する方法です。

周りの知人が起業したり、飲食店を開業したりしますよね?そこに営業します。

いわゆる「直営業」ですが、知人との信頼関係が成り立っていることが前提となるので、全くの「はじめまして」の営業よりかは幾分とラクです。

 

ぴろきんちょす
飲食店を開いた友人に営業したら「まだ安定してないから大丈夫だよ!」と断られました!
タイミングは大事ですね!

 

知り合いだからこその信頼関係で自由度の高い働き方ができる

 

知り合いからいただく案件は5つの観点からこんな形になります。

 

知り合いのお店や会社はお互いに信頼関係というものが築けていることが多いので安心した取引が可能。

また、その信頼関係ゆえに、時間や場所にとらわれない自由な働き方ができます。

 

しかし、知り合いであるが故に普段より安価に提供してしまう、ということもありがちなので注意が必要です。

その点はビジネスとして、お互い対等な立場でしっかりと交渉しましょう。

 

あなた
知り合い少ない人はどうすればいいんですか?
ぴろきんちょす
勉強会や懇親会に参加して知り合いを増やしていくこともできますよ!
最近はオンライン勉強会が増えてきたのでそこからはじめてみましょう!

 

その3.クラウドソーシング

「クラウドソーシング」は「受注したい人」と「発注したい人」をマッチングさせるサービス

 

「マッチング」と聞くと、婚活を思い浮かべがちですが、もちろんビジネスでもマッチングサービスはあります。

クラウドソーシングはネット上で案件を探します。

日本のクラウドソーシングを提供しているのは主に以下の2つ。

これらのクラウドソーシングのサイトを覗いてみると、Web制作スキルを求めている人が多くいるので、こんな世の中でも案件はたくさんあります。

 

ぴろきんちょす
ぼくはランサーズとクラウドワークスどちらも使っています!

 

単価は低くなりがちだが、自由度が高い傾向

 

クラウドソーシングは5つの観点からこんな形になります。

 

案件をネット上でとるため、コミュニケーションがWeb会議、作業自体がフルリモート可など、場所や時間の自由度が高いのが魅力です!

ただ、クラウドソーシングは競合が多いため、価格競争の末に単価がガクッと安くなる傾向にあります。

 

あなた
自由度が高いのは最高ですね!
ぴろきんちょす
自由度が高いので、副業からはじめて、フリーランスとしての実績を積むという使い方もあり!

 

その4.エージェントを活用

エージェントは営業から契約締結までをサポートしてくれる

 

一番簡単かつ安心して仕事を獲得出来るのがエージェント利用すること。

主にWeb制作会社のプロジェクトに参画するという形を取るケースが多いです。

 

Web制作の案件が多くある有名所のエージェントが以下のふたつ。

オススメのエージェント

 

これらを利用することのメリットを簡単にまとめるとこんな感じ。

  • 自分のスキル・経験に見合った案件の紹介
  • 職務経歴書・ポートフォリオに対してのアドバイス
  • 常駐先面談の同行
  • 面談のフィードバック・アドバイス
  • 契約時の契約処理
  • 常駐先でのトラブル対応、相談

 

これだけサポートしてもらって、かかる費用は無料ですからね。

デメリットはひとつもないので、フリーランスで案件を取っていきたいと考えているなら、とりあえず登録しておかないと、逆に損するレベルです。

特にレバテックなんかはフリーランスエージェント業界ではかなりの古参なので、案件数も多く、信頼感はダントツですね。

 

じくあし
ぼくも登録していて、実際に案件を紹介してもらって面談にも何度か行ったなぁ。
ぴろきんちょす
フリーランス始めたてで不安が多い時はたくさん相談しましょう!

 

安定した収益を得たいなら、エージェントを利用しましょう

 

エージェント利用の案件獲得は5つの観点からこのような形になります。

 

エージェント利用は基本的に常駐型

よって自由度は低い傾向になりますが、長期や継続案件が多く、時給や月額制の契約になるので安定した収益を得ることができます

また、制作会社のプロジェクトは中〜大規模な案件が多いので実績を積むことも!

 

あなた
エージェントを利用することで安心してお仕事できますね!

 

 

 

その5.自身のサイト・SNS

お問い合わせフォームやダイレクトメールからWeb制作をお願いされることも!

 

自身のポートフォリオサイトやSNSの発信活動などから仕事を得る方法もあります。

サイトを作ってお問い合わせフォームを設置したり、SNSで案件を募集したりする感じです。

 

またSNSでは、「こういうスキルを持った方探してます!」といった投稿もよく見かけるので、そこへダイレクトメールを送って営業するのも効果的ですね!

 

ぴろきんちょす
自身のサイトはあるに越したことはないです。仕事を受ける窓口はできるだけ多くしておきましょう。

 

 

SNSや自身のWebサイトから案件を得るためにはブランディングが必要

 

SNSや自身のWebサイトからの案件は5つの観点から以下のような形になります。

やはり実績やスキルが少ないと、お問い合わせが来ることはほとんどありません。

なので実績やスキルがあるのが前提で、さらにそれらをうまくアピールしなければなりません。

案件獲得難易度は最高レベル。

 

スキルを磨くだけでなく、「自分の見せ方」を磨くのもひとつの戦略です。

 

ぴろきんちょす
ぼくはまだまだなので、発信活動を頑張ります!

 

まとめ:結局どれがオススメ?

 

以上をまとめると

まとめ

  • 安定を求めるなら、エージェントを利用して常駐案件に長期的に参画
  • 自由度を求めるなら、知り合いやクラウドソーシングから受注
  • 直営業は出会い次第だが、安定、自由度、どちらも取れる
  • 発信活動などでブランディングしているひとは、SNSや自身のサイトから

それぞれの案件獲得方法はいいところも、悪いところもあります。

あなたが求めているものに合わせた案件の取り方をしましょう。

 

そして安定的にお仕事を獲得出来るようになる為に最も大事なことは、

それぞれのメリットやデメリットを理解した上で、複数を同時進行で進めることです。

 

とりあえず今すぐに出来るのは、エージェントへ無料で登録することですね。

Web上ですぐに出来るので、登録して希望条件を伝えて、エージェントに案件を探してもらいながら、ランサーズで探したり、自身のサイトを作ったりするのが効率的です。

 

レバテックフリーランスが今のところ最もオススメなので、とりあえず以下のボタンからサクッと済ませちゃいましょう。

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

無理しないように、お身体に気をつけて、がんばっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です