意外と知らない!?Kindleを100倍使いこなす為の裏技

こんにちは。読書ブロガーのじくあし(@jikuasi)です。

ぼくはKindleに出会ってから、一切紙の本を読まなくなりました。だって、Kindleのメリットが多すぎるんだもん。

でもやはり

あなた
Kindleは大事なとこに印を付けたり、線を引いたりがしにくい!
あなた
紙の方が読んだ後に色々と活用しやすい!

といった思いもあるでしょう。

そこで今日は、Kindleを100倍上手に活用するための本、及びそのテクニックを紹介します!

『本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!』

~概要~

「読書が好き」という人にお聞きします。

紙の本じゃないと読書した気にならない、電子書籍はいまいちハードルが高い、Kindleをいまひとつ活用しきれていない、と思っている本好きはいませんか?
本書を読めば、電子書籍に感じる不安を1ミリも残さずスッキリします。

今さら人に聞けない電子書籍のあれこれやKindleの基礎知識から、隙間時間を使った読書法、読んだ後のアウトプット術までを著者が惜しみなく披露します。

Kindle Paperwhiteを愛用し、電子書籍勉強会を開催する著者の和田さんは、実質、これで読書量が2倍になりました。

そして、多読だけでは終わらず、出会った情報をしっかり自分のモノにし、記憶と記録を有効活用しています。
3日で1冊。

AmazonとKindleと読書。

確実に読み進められる新・読書習慣術を身につけませんか。

2014年・2015年版『本好きのためのAmazon Kindle 読書術』は、発売以降多くの方にダウンロードしていただき、累計1万部を突破しました。

昨年開始した読み放題サービス「Kindle Unlimited」など、Kindleで新たなサービスが導入されたのに合わせて、2017年版である本書は2015年版から全面的にアップデートしています。

明日からあなたの生活に本が手放せなくなるはず。

さあ、本を携帯して外に出よう!

amazonより引用

 

2014年、2015年と改定されて出版されていた本書が、2017年版にまたまたアップデートされて再々出版です。

Kindleそのものもレベルが向上しているし、それを取り巻く周囲の便利なサイトとかもどんどん増えてますんで、そりゃ更新されていって然るべきですわね!

 

ブロガーさんを始めとしたITリテラシーの高い人にとってはおなじみ過ぎるくらいおなじみのKindle。
それをより便利に使える方法を教えてやるぜ!ってスタンスの本です。

じくあし
へぇ~!こんな使い方があったのかぁ!

と目からうろこが落ちるものばかり。

 

もちろん、Kindleのことを知らない、電子書籍ってやっぱなんか抵抗ある、って人にも、是非読んでほしい一冊です。

 

Kindleを使ったアウトプットの方法がこれでもか!ってぐらい書いてある

 

読書といえば、インプット。

インプットと言えば、アウトプット。

そう、インプットは本来、アウトプットする為のものです。

目的 = アウトプット
手段 = インプット

自分の中にアウトプットする知識がなかったら、何もアウトプットできません。

 

 

で、その為に本という情報媒体から知識を得るわけですけれども、

皆さん本を読んだとき、大事な箇所にマーカーとかで線を引いたりしますよね?

 

Kindleをはじめとする電子書籍にも、線は引けるんです。

ハイライトっていう機能ですね。

 

で、この線を引いた部分をブログなどで引用して使いたいとき、超絶捗るサービスが、

「メモとハイライト」です。

 

Kindleの最強機能「メモとハイライト」

 

Kindleでも紙の本と同じように、マーカーで大事なところに線を引くことが出来るのが、「ハイライト」機能。

で、それをめちゃくちゃ便利に活用するためのサービスが、「メモとハイライト」です!

これがなにかというと、ハイライト(線引き)した部分のテキストを、自動的に一箇所のページに集めてくれるというサービスです。

ちなみに先ほどの動画作成時点では、「Amazon Kindle Your highlights」というサービスでしたが、新しく「メモとハイライト」という名前に変わり、サイトも大幅に見やすくなってます!

こんな感じ!

 

 

ここに表示させる手順としては、

 

  1. Kindleで読んでる本の好きな箇所をハイライトする(指でゆっくりなぞる)
  2. 一旦ホーム画面に戻る(戻ることでバックでハイライト機能が更新・保存される)
  3. 「メモとハイライト」のページに行くと、該当の箇所が表示される

 

⇒コピペとかしてアウトプッツ!!!

 

たったこれだけ。これ、地味にめちゃめちゃ便利。

これはamazonが公式で運営しているサービスなので、アカウントを結びつけたりとかする必要なし!

 

これがなかったら、Kindleで該当の本を開いて、ハイライト部分を探して、それを見てキーボードでタイピングする…っていうクソ面倒な作業をせざるを得ないわけですよ!

その作業が一瞬で出来ちゃうので、だいぶ便利。

本からのアウトプットをする物書きさん等には、必須のサービスです。

 

番外編 Kindleをマウスパッドに笑

 

贅沢にも最近はカバーに入れた状態でマウスパッドとしても利用しています。笑

ノートPCを持ち歩くことも増えたので、荷物は極力減らしたい。そこで、必ずカバンに入ってるKindleをマウスパッドとして使ってみると、あら意外。

じくあし
死ぬほど使いやすい!笑

 

サイズもちょうどいいし、荷物も減らせるのでオススメです。家でも使ってます。

使用してるカバーはこちら。

 

 

(買った時はもっと安かったのにな…)

 

このタイプのカバーはめちゃくちゃ使いやすいですよ!

チャックとかがないのでスっと出し入れが出来て、ストレスフリー!

滑り落ちたりもしないので、重宝してます。合皮だけども質感もオシャレ!

類似品で安いものあるのでよければぜひ!
 

他にもお役立ち機能紹介が満載

 

ぼくとしてはこのハイライト機能が最高に便利なわけですが、これ以外にも、

 

  •  お得な情報を逃さないために!セールの情報をいち早くつかむための方法!
  • 隙間時間の確保で読書を捗らせる裏技!
  • 読むだけではない!音声読み上げサービスを使った新しい読書の為の便利ツール!
  • Kindle端末だけじゃない!PCでもKindleを読んで、サクサクアウトプットする便利な方法!

 

などなど、普通に使っていたのでは知らないようなオトク技がいっっぱい紹介されてます。

Kindle愛用者の方は読んでおいて絶対損はないですよ。
まだ持ってない人、ヤバいですよ。

 

ちなみにkindleとは

ご存知大正義、Amazon社さんが販売する、世界で最も売れている電子書籍リーダーです。

Kindleなんて聞いたこともないって人はさすがに居ないかと思いますが、

使ったことない人は、ぜひ。めちゃくちゃ捗るから。

 

え、読書が捗るかって?

ノンノン。

 

人生が捗ります。(キリッ)

 

 

情弱
そうは言うけど実際のところ何がそんなにいいの?

と、詳しく知りたい人はこちらの記事をどうぞ。

Kindleをオススメする7つのメリット 〜まだ紙の本で消耗してるの?~

2016.12.10
情報は武器です。これからの時代を逃げ切る為には武器を得るツールとしての読書は必須になってきます。

紙の本もいいけど、電子書籍を使い出したら、その便利さに感動します。
ぜひお試しあれ。

ちなみにAmazonプライムの会員になってから購入すれば、最安で3,980円でゲット出来ちゃいます。
しかも買ったあとに会員を解約してもOK。

まぁプライム会員が有能過ぎるサービスなんで解約するメリットなんて微塵もないんですけどね。

 

Kindelを使って読んだオススメ本達

もうKindleを使ってから100冊以上は本を読んでます。(漫画も含むw)

読書関連で書いた記事も他にもたくさんあるので紹介しておきますね。

20代社畜読書ブロガーがオススメする、ビジネスマンにタメになる本5選

2016.12.27

「読書が苦手」っていう奴の3大言い訳を論破してやる

2017.05.11

 

ちなみにわたしが読んだ本で最も感銘を受けた本がこれ。

『99%の会社はいらない』堀江貴文 感想・まとめ

2016.12.16

このホリエモンの一冊がきっかけで、ブログを始め、会社を辞め、ウクレレ講師になり、と、

人生の大変革が起こりました。

やはり読書は人生を変えてしまうものである、ということを身をもって体現出来る一冊となりました。

あなたもKindleで快適な読書ライフ、ひいては人生の大変革を起こしましょう!

よーい、どくしょっ!

 

 

更新情報、おもしろネタ等ツイート中!フォローしてくれたらゲロうれしい↓↓

1 個のコメント

  • […] 意外と知らない!?Kindleを100倍使いこなす為の裏技こんにちは。読書ブロガーのjikuasi(@jikuasi)です。 本日ご紹介する本はこちらっ! 「読書が好き」という人にお聞きします。 紙の本じゃないと読書した気にならない、電子書籍はいまいちハードルが高い、Kindleをいまひとつ活用しきれていない、と思っている本好きはいませんか? 本書を読めば、電子書籍に感じる不…honnyomu.com […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    jikuasi

    じくあし。奈良に生息する手長族。哲学者。 月間30万POアルク収益20万円超の社畜を脱出し、エンジニアの道を進む。ブロガー界一の卓球の腕前。哲学に勤しんだ故の絶妙に無責任かつ奔放な文章力に定評あり。オンラインウクレレ講師業も好評中。

    更新情報、おもしろネタ等ツイート中!